工業用刃物の種類や選定のポイントをプロに学べる

工業用刃物なび

工業用刃物の取り扱いをする上で
知っておきたい技術コラム

工業用刃物の商社・
特注メーカーが手掛ける
刃物選定のための技術コラム集

不織布カッターのよくある不具合対策と、コストダウン調達のポイント

本コラムはこのような方にお勧め!

①:設備導入期から約6か月が経過し、刃物のメンテナンス・新規購入が必要という方へ
②:当初の素材・商品から変更となり、切断がうまくいかないとお悩みの方へ

 

 

実は「調達コストが高くつく!」「うまくいかない!」
不織布カッターの調達方法とは!?

①:刃物の商社・刃物の研磨会社から調達することで最適な刃物調達が可能!

最適な刃物を調達するためには刃物のプロに聞くのが一番!機械の仕様はもちろん、切断条件に合わせた最適な提案をしてもらうことができます!

②:切断条件(切断する製品・サイズ・仕様)が変われば、刃物を変えないと生産性が下がる・・・

機械を導入した時と切断をする素材・商品が異なる場合には、刃物条件を見直してみてはいかがでしょうか。素材がかわることで切断品質や生産性が低くなっているものの改善が期待できます。機械メーカー様にお問い合わせをいただくことも良いですが、刃物の変更で済めば、その分コストも抑えられます。まずは刃物商社・刃物研磨会社に聞いていただくことをお勧めします!

 

工業用刃物なび.COMがコストを抑え、
不織布カッターを購入・調達する手法をご提案!

 

昨今、除菌シートやマスクの需要が伸びたことで、不織布は使用される頻度が上がった素材です。また、それらの除菌・抗菌製品の生産を新たに始める企業が増える等、扱うメーカー様も増えています。そのような状況下にあって、当社には不織布の切断工程におけるお悩みやご相談を数多くいただくようになってきました。

いくつか例を挙げると、「不織布の繊維が残り、切断面がきれいにならない」、「まっすぐ切ることができず、素材を一部無駄にしてしまっている‥‥」「マスクの品質不良につながる重大な欠損が見つかった…」「薬品がかかっている製品を切断するようになって錆が発生するようになった…」といったことです。

このような場合、ラインスピードを落とす等の処置をとられ操業方法を変更され安定品質を担保されると思います。その上で機械メーカーにご相談され、機械の改善を依頼される方もいらっしゃると思いますが、まず考えるべきは実は「刃物」です。これまでお問合せをいただき、当社で診断をしたところ、「刃物のメンテナンス不足」や、「切断条件の調整が不十分」といったことがみられています。

もちろん古い設備でメンテナンスが必要な場合もありますが、機械のメンテナンスよりもまずは刃物が摩耗していないか?切断条件が正しい条件となっているか?切断条件にあった刃物を選択できているか?という点を疑うべきと言えます。

そこで以下では、これまでに当社にいただいたご相談に対して、当社がお答えしてきた、課題解決・トラブル解決事例をご紹介いたします。こちらに掲載している内容は一部ではありますが、皆様のお悩みに近しい案件があるかもしれません。

一度、ご確認をいただければ幸いです。

工業用刃物なび.COMが提案した、
トラブル解決・課題解決事例一覧!

 

不織布(ウェットティッシュ)用カッターの錆防止事例

こちらは、工業用刃物なびを運営する三有研器が提供した不織布(ウェットティッシュ)の切断を行うためのカッター上刃です。
昨今、衛生用品に対する注目は集まってきていますが、”衛生”用品であるからこそ、大事になるのが錆び等の異物混入を防ぐという点です。
お客様より良くご依頼いただく内容としては、チッピング(小さな刃欠け)が起きるため、刃物の交換頻度が高い点がネックとなり、
品質不良ならびに、刃物取り換えなどに伴う工数の発生が起きているというご相談をいただきます。

>>>本課題に対しての当社の提案内容・解決事例はこちら

不織布(原反)用スリッター上刃

 

こちらは、工業用刃物なびを運営する三有研器が提供した不織布原反の切断を行うためのスリッター刃です。
お客様より良くご依頼いただく内容としては、チッピング(小さな刃欠け)が起きるため、
刃物の交換頻度が高い点がネックとなり、品質不良ならびに、
刃物取り換えなどに伴う工数の発生が起きているというご相談をいただきます。

>>>本課題に対しての当社の提案内容・解決事例はこちら

不織布用カッター下刃の精度向上・刃物延命提案

こちらは、工業用刃物なびを運営する三有研器が提供した不織布(おむつ)の切断を行うためのカッター下刃です。
カッターの刃持ちが悪かったり、場合によっては刃欠けを起こすことがあるとの相談を受けました。

お客様に使用後の刃物を確認するとともに、ご使用状況をヒアリングしてみると、以前は切れ残りが発生していたために、
上下刃を強めに当てていたことがわかりました。

>>>本課題に対しての当社の提案内容・解決事例はこちら

 

工業用刃物なび.COMが
お客様に高い評価を頂いてきた理由

工業用刃物なびは、様々な業界に工業用刃物の納品実績を持つ、三有研器が手掛ける工業用刃物について情報発信を目的とした課題解決型サイトです。紙・不織布・段ボールなどに特化した工業用刃物に関する情報発信を行っています。

>>>当社がお客様に選ばれる5つの理由を下記にご紹介しています。詳しくはこちら

 

 

工業用刃物なび.COMが
不織布を取り扱うメーカー様にお納めした刃物・カッターの一部を紹介

当社がお納めした刃物の一部をご紹介しています。

詳しくはこちら

お問合せ・ご相談・サンプル申しこみはこちら

新着技術コラム

超硬刃物の素材選定のポイント(紙・不織布・フィルム製造)

超硬ってよく聞くけど、実際どんなものなの?そんな人はぜひ読んでみてください。 読むと改善のヒントになるかもしれません。誰も教えてくれない素材選定のポイントまでお教えします。 超硬とは? 刃物に使われている超硬とは、WC(炭化タングステン)を Fe、Co、Niなどの鉄系金属で焼結したものを超硬合金と呼んでいます。もう少し簡単に言うと・・・タングステン(W)というレアメタルをコバルト(Co)...

スリッター刃による切断のポイント(紙加工・不織布加工・フィルム加工)

  刃物屋から見るスリッター刃を使用した切断のポイントを解説!  紙加工・不織布加工・フィルム加工業者の皆様にはおなじみのスリッター刃。ライン方向に加工物を切断する際使用するには最もポピュラーな刃物ではないでしょうか。実際にご使用いただいている現場の技術者の皆様の方が当然ご使用方法はよくご存じなのは承知の上で、刃物屋からみるポイントをご紹介したいと思います。いつもとは違った角度から、...

フィルム加工における切断のポイント

  フィルムがうまく切れない原因 フィルム加工における切断方法といっても様々な方法があります。 使用刃物も多岐にわたります。スリッター上下刃(丸刃)、レザー刃、カッター平刃、パンチなどです。 どの方法においても共通して言えることは「フィルムの変形を如何に減らすか」ということです。フィルム加工に携わっている皆様には当たり前のことかもしれませんが、これが本当に難し...

フィルム用平刃の研磨修理について

フィルム用カットの種類と刃物の特徴 包装用フィルムやラベル、高機能フィルムを切断する場合の平刃についてお話いたします。製袋用刃物と呼ばれてることもあります。 フィルム切断用平刃は、はさみ式(移動刃・固定刃)で切断する場合、シャフトに取り付け回転式で切断する場合があります。回転式の中でも片方を固定する場合と両方回転する場合に分かれます。生産量やラインにおける切断工程の位置によって使い分けられ...

フィルム用レザーカット刃について

フィルム用カットの種類 包装用フィルムやラベル、高機能フィルムを切断する場合どのようなものをお使いでしょうか?大きく分けて下のような切断方法があります。 ライン方向:スリッター上下刃(丸刃)をすり合わせて切断、レザー刃を使用した空中カット ラインと垂直方向:平刃によるはさみ式切断もしくはロータリ切断、鋸刃による押切 その他:パンチ、ダイを使用した打ち抜き 今回はその中でも...

粉砕機用刃物・破砕機用刃物の調達のポイントと再研磨

粉砕機用刃物・破砕機用刃物とは? そもそも、粉砕機用刃物・破砕機用刃物とは、何でしょうか?粉砕機用刃物・破砕機用刃物というのは、資源のリサイクルとゴミの削減を目的とした取り組みが活発に行なわれていますが、いずれにしても体積を出来る限り小さくした方が有効活用できます。そこで活躍する刃物が粉砕刃と呼ばれるもので、対象物の材質や形状、使用環境等によりお客様からの要求は異なります。 ペットボトルや...

不織布カッターのよくある不具合対策と、コストダウン調達のポイント

本コラムはこのような方にお勧め! ①:設備導入期から約6か月が経過し、刃物のメンテナンス・新規購入が必要という方へ ②:当初の素材・商品から変更となり、切断がうまくいかないとお悩みの方へ     実は「調達コストが高くつく!」「うまくいかない!」 不織布カッターの調達方法とは!? ①:刃物の商社・刃物の研磨会社から調達することで最適な刃物調達が可能! 最...

刃物の種類と使い方

刃物の種類とは? 刃物選定なびでは、様々な刃物の取り扱いを行っています。 工業用刃物に携わるすべての皆様にご理解いただきたい、刃物の種類と使い方について、こちらではご紹介をいたします。 刃物は形状と切方によって分類されます。形状は、丸刃、平刃とそれ以外。切り方はハサミ式、押切、空中カットです。 下記では、当社がこれまで取り扱い実績のある刃物の形状・切り方・その種類についてお伝え...