工業用刃物の種類や選定のポイントをプロに学べる

工業用刃物なび

工業用刃物の取り扱いをする上で
知っておきたい技術コラム

工業用刃物の商社・
特注メーカーが手掛ける
刃物選定のための技術コラム集

断裁包丁における切断のポイント(紙加工・印刷)

 

刃物屋から見る断裁包丁を使用した切断のポイントを解説!

 印刷物、紙製品などの最終仕上げで使用される断裁包丁や三方断裁包丁。紙加工業界では最もポピュラーな刃物ではないでしょうか。実際にご使用いただいている現場の技術者の皆様の方が当然ご使用方法はよくご存じなのは承知の上で、刃物屋からみるポイントをご紹介したいと思います。いつもとは違った角度から、加工をチェックしてみてください。

 

 

<断裁包丁>

ポイント1:クランプ圧と刃先角

断裁包丁の切断条件の一つにクランプ圧があります。切断物の硬さや厚さによって適切なクランプ圧は変わります。

切断物 クランプ圧 刃先角
軟質紙・薄紙 2~3トン 19°~22°
中質紙・上質紙 3トン 21°~23°
硬質紙・板紙 3~4トン 22~24°

切断物とクランプ圧・刃先角の参考

上記は切断物と刃先角・クランプ圧の参考数値です。

一般的にやわらかく、薄いものにはクランプ圧は弱めで、刃先角は鋭角なものを使用し、切断物が硬く厚いものになるにしたがってクランプ圧は高く、刃先角は鈍角にしていきます。

さらに分厚いものを切断するには、刃物を2段にする場合もあります。

 

 

<クランプ圧があっていない場合>

・クランプ圧が弱い場合は、重なった断面が弓なりになる

・クランプ圧が強い場合は、重なった断面が斜めになる

このような場合は設定を見直してみることをお勧めします。

ゴムやフィルムなど素材が違う場合は条件が変わってきますのでご相談いただければと思います。

 

 

ポイント2:刃物のメンテナンス(交換時)

断裁包丁を交換するのは危険かつ大変だと思います。安全面からも断裁機メーカーのマニュアルをご確認いただきよく注意して交換作業を行っていただければと思います。

刃物のことを考えると以下のことをご注意ください

・刃先を当てない

・刃裏を下にしておかない(作業上刃裏が下になる場合はやわらかい布などを引いてください)

※特に刃物が新品の場合は刃裏を下にすると欠けやすいのでご注意ください

・交換後はやわらかいものか少量で慣らしカットを行う

・交換時に切れや傷が気になったり、刃替え調整がしにくくなった気になった場合は、歪確認・歪修正を研磨業者にご依頼ください

 

ポイント3:合成定規について

切断後に刃先が実際にあたる、合成定規について少しご紹介します。

緑色・・・紙の切断では最も一般的

黒色・・・少し硬い。超硬などで使用することがある

青色・・・ゴム系が入っており少し柔らかい。食い込まして切りたい場合は使用することがある

 

生産スケジュール上管理が難しいと思いますが、多品種を加工する場合に切る順番などが調整できるようでしたら刃欠けが減ったり、長寿命化につながったりします。

 

<三方断裁包丁・ガイド付カッター刃>

断裁包丁のような合成定規等で受けるのではなく、上刃・下刃(移動刃・固定刃)のようにすり合わせで切断する場合についてです。

ポイント1:セッティング

・切れ残りが発生しないできるだけ接圧を小さな状態から使い始める。

・切れが悪くなったら接圧を少しずつ上げていく

 

ポイント2:刃物のメンテナンス

・接圧を強くしすぎず、気持ち早めに刃物交換し研磨に出す。

(無理に切ろうとすると、摩耗量が大きくなったり傷がつく原因になります)

・反り(歪)方向と大きさをたまに確認する(研磨業者等メンテナンスを行っているところに相談してみてください)

 

使用方法や注意する点は断裁包丁と同じ部分も多々ありますので、このページの<断裁包丁>部分についてもご参考にしてください。

 

 

 

断裁包丁に使用上の改善事例の一部をご紹介いたします

>>>粘着物の切断刃物の表面粗さを変更することで切削性改善はこちら

>>>印刷物の断裁時の縦スジ傷の抑制はこちら

 

お問合せ・ご相談・サンプル申しこみはこちら

新着技術コラム

断裁包丁における切断のポイント(紙加工・印刷)

  刃物屋から見る断裁包丁を使用した切断のポイントを解説!  印刷物、紙製品などの最終仕上げで使用される断裁包丁や三方断裁包丁。紙加工業界では最もポピュラーな刃物ではないでしょうか。実際にご使用いただいている現場の技術者の皆様の方が当然ご使用方法はよくご存じなのは承知の上で、刃物屋からみるポイントをご紹介したいと思います。いつもとは違った角度から、加工をチェックしてみてください。 ...

第27回 機械要素技術展に出展いたします

   弊社はこの度下記の通り開催されます「日本ものづくりワールド2022 第27回機械要素技術展」に出展いたします。ぜひお時間ある方はブースの方にお越しいただけると幸いです。                     開催日時:2022年6月22日(水)~24日(金)10:00~18:00(24日のみ17:00終了)            ...

平刃各部の名称の紹介(紙加工・不織布加工・フィルム加工)

  刃物の基礎知識~カッター平刃編~  紙加工・不織布加工・フィルム加工業者の皆様にはおなじみのカッター刃。ラインと垂直方向に加工物を切断する際によく使用される刃物です。非常に幅広いカテゴリーになるため、ここでは平刃でよく使われる図面用語などを中心にご紹介させていただきます。打合せではよく耳にする言葉、「それって何?」とは今更聞きづらいこともあると思います。当社が使用している言葉(違...

スリッター刃各部の名称の紹介(紙加工・不織布加工・フィルム加工)

  刃物の基礎知識~スリッター編~  紙加工・不織布加工・フィルム加工業者の皆様にはおなじみのスリッター刃。ライン方向に加工物を切断する際使用するには最もポピュラーな刃物ではないでしょうか。打合せではよく耳にする言葉、「それって何?」とは今更聞きづらいこともあると思います。ここでは当社が使用している言葉(違う呼び名もあるかもしれません)を主にご紹介します。また、配置換えや新入社員で初...

刃物によく使用される材質について

現在ご使用になられている工業用刃物の素材をご存じでしょうか。また、どんな素材があるかご存じでしょうか? 刃物に適切な素材を選定することは「切れ」や「刃持ち」に大きく影響する要素の一つです。 読むと改善のヒントになるかもしれません。今さら聞きづらい基本的なことを中心にお伝えします。 刃物用材質の分類は? 刃物に使われている材質は、鋼材の中では「特殊鋼」に分類されます。特殊鋼とは、用途...

包装用フィルム用打ち抜き刃選定のポイント(フィルム加工)

主製品としてフィルム加工をされている方はもちろん、包装用としてフィルム加工をされている方も「穴をあける」工程はよくあるのではないでしょうか? 今回はそのフィルムに対する穴あけ加工用の打ち抜き刃についてご紹介いたします。   打ち抜き刃の種類と特徴 切断物・打ち抜き形状 特徴 注意点 ①パンチ・ダイ 1枚ずつの加工、 小型の単純形状が得...

研磨加工設備のご紹介

再研磨とは 工業用刃物を使用するとだんだんと磨耗していきます。再研磨加工は磨耗した刃先を研磨することで、切れ味を回復させることです。 厳密には再研磨加工を行っても、100%新品と同じ状態に戻すことはできません。当社を含めた研磨加工会社は様々な工夫でできるだけ切れ味を回復する努力をしております。 刃先を加工ができるため、既存の刃物を利用し、切断条件にあった刃先形状にすることで手軽に...

超硬刃物の素材選定のポイント(紙・不織布・フィルム製造)

超硬ってよく聞くけど、実際どんなものなの?そんな人はぜひ読んでみてください。 読むと改善のヒントになるかもしれません。誰も教えてくれない素材選定のポイントまでお教えします。 超硬とは? 刃物に使われている超硬とは、WC(炭化タングステン)を Fe、Co、Niなどの鉄系金属で焼結したものを超硬合金と呼んでいます。もう少し簡単に言うと・・・タングステン(W)というレアメタルをコバルト(Co)...

スリッター刃による切断のポイント(紙加工・不織布加工・フィルム加工)

  刃物屋から見るスリッター刃を使用した切断のポイントを解説!  紙加工・不織布加工・フィルム加工業者の皆様にはおなじみのスリッター刃。ライン方向に加工物を切断する際使用するには最もポピュラーな刃物ではないでしょうか。実際にご使用いただいている現場の技術者の皆様の方が当然ご使用方法はよくご存じなのは承知の上で、刃物屋からみるポイントをご紹介したいと思います。いつもとは違った角度から、...

フィルム加工における切断のポイント

  フィルムがうまく切れない原因 フィルム加工における切断方法といっても様々な方法があります。 使用刃物も多岐にわたります。スリッター上下刃(丸刃)、レザー刃、カッター平刃、パンチなどです。 どの方法においても共通して言えることは「フィルムの変形を如何に減らすか」ということです。フィルム加工に携わっている皆様には当たり前のことかもしれませんが、これが本当に難し...